いとうレディースクリニック @千里山

阪急千里山駅 東へ徒歩2分のレディースクリニックです

今年も麻疹が

沖縄で麻疹が流行しているとの記事がありました。

麻疹(はしか)は感染力が非常に強いウイルス感染症多くは発熱・のどの痛みといった風邪症状が初発で、その後発疹が・・・とここまで書いて「?」と思ったら昨年も同時期に麻疹について記事を書いていました。日本では予防接種の効果も手伝い国内発生はほぼなくなったとはいえ、春から夏の流行期には毎年話題になりますね。

乳幼児や妊婦さんに感染してしまうと重症化しやすく、流産・早産の原因になるともされていますので、症状があって医療機関を受診される際は前もって電話連絡をして受診のほどをお願いします。

f:id:ito-lc:20180414141258j:plain

広告を非表示にする

謎の桜

暖かくなったり寒くなったりで体調が影響を受けやすい季節がやってきましたが、僕は花粉症もあるので風邪なのかスギ・ヒノキなのかよくわからないハナミズがとまりません。

当クリニックの近くに大きな棕櫚の木が植わってるんですが、今朝よく見たら桜の花が咲いてました。棕櫚の木から。幹から。 ? 挿し木とか接ぎ木とか詳しくないんですが普通のことなんでしょうか? しばらく見入ってましたがなんとも不思議な光景でした。

f:id:ito-lc:20180331081158j:plain

広告を非表示にする

3月23日(金) 午後診察について

たびたび申し訳ありませんが、3月23日(金)午後の診察は都合にて18時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが当日はお早目の受診をよろしくお願いします。取り急ぎご連絡まで。

f:id:ito-lc:20180320183013j:plain

先日イチゴ狩りにいきましたが5‐6個も食べるともうおなかいっぱいですな。さすが中年。

3月19日(月) 午前休診

連絡が遅れて申し訳ありません。3月19日(月)の午前診察を私用で休診させていただきます。午後からは平常通りの診察予定ですのでよろしくお願いします。

急ぎの場合はクリニック宛にお電話いただくと院長携帯に転送にしてますので対応させていただきます。

f:id:ito-lc:20180317144143j:plain

高塚の河津桜がもうすぐ満開です。

1周年を迎えました

いつもありがとうございます。いとうレディースクリニックは3月13日で開院1周年を迎えました。千里山近辺の婦人科ホームドクターを目指して新規開業し、多くの皆様に助けていただきながら患者さんの診療にあたることができた幸せな1年でした。スタッフ一同感謝しております。

2年目は、引き続き「間違いのない医療を提供する」「わかりやすい説明」「待ち時間を短くする」などを目標にして頑張ります。 

何か気になることがございましたらどうぞお気軽に来院をお願いします。

f:id:ito-lc:20180314162514j:plain

ご縁のある方々からお祝いのお花もいただきました。ありがとうございます。

広告を非表示にする

運動部と産婦人科

「クリニック前に貼ってあるポスターは何ですか?」と質問を受けました。「私のパフォーマンスは産婦人科医に支えられている」というポスターなんですが、元々は産婦人科学会が作ったものを貼らせてもらってます。

スポーツをする女性が生理痛がひどかったり、生理前の時期に体調や気分がすぐれずにいざ大会となった時に十分に練習の成果が発揮できなくて不本意な成績に終わってしまうことがあります。もちろん個人差が大きいので何ともない人はそのままで問題ないのですが、ご自身の月経サイクルによる体調の変化・悪化を自覚される人は一度産婦人科で相談をお勧めします。試合直前ではなく日常的に低用量のホルモン剤を使ったり鎮痛剤の使い方を工夫することによって、試合や合宿日程を避けて月経を来させたり月経痛を軽減させることができます。せっかく練習を積み重ねてきてもベストなコンディションでなければ不本意な成績となることがあるでしょう。ちょっとしたお手伝いならお近くの産婦人科でできますのでどうぞ相談にいらしてください。もちろんドーピング禁止薬などは使用しませんので安心してください。

f:id:ito-lc:20180226155107j:plain

広告を非表示にする

本の紹介

小学校高学年から中学生までの女子を対象に、将来の子宮頸がんの原因となるウイルスの感染予防のために子宮頸がんワクチンを接種する方法があるという情報に触れたことがあるかと思います。そしてそのワクチンを接種したことが原因で身体に治療困難な副反応が起こり長期にわたり苦しんでいる被害者がいるとする報道も見聞されたことがあるかと思います。「ワクチン被害者」の映像のインパクトもありこちらのほうが強く印象に残っているかもしれません。

僕自身はこの問題については色々と思うところがありますが、ワクチン接種の判断は最終的には本人と親御さんが検討して自身で決定されればいいと思ってます。

この社会現象について「何が問題」なのか、非常にクリアに解説してある本が最近出版されました。子宮頸がんワクチン接種について色々と心配されている皆さんが、賢明な判断をする一助になればと思います。

f:id:ito-lc:20180223074341j:plain

当院の待合にも置いてありますのでどうぞお手に取ってみてください。

広告を非表示にする