いとうレディースクリニック @千里山

阪急千里山駅 東へ徒歩2分のレディースクリニックです

不妊症の5

主だった不妊症の検査 ~卵巣予備能~

あまり一般には知られていないけど大事な情報というのがありますが、不妊関連の情報の中では卵子にまつわるいくつかの話があります。 まず「卵子の数は有限である」ということ。男性の場合は精子は絶えず精巣内で作られており、常にフレッシュな精子が供給され続けています。一方卵子の数については出生した時が一番多くて、思春期に初経を迎えた後は排卵を繰り返すたびに1か月で数百から1,000個あまりの卵子を失います。新たに卵子を作って補充することはできません。最終的に50歳前後ですべての卵子を失って閉経を迎えるわけですが、もともとの卵子数が少ないからか減り方が急だからかはわかりませんが、20~30代で卵子の数がすでに少なくなってる方がいらっしゃいます。そうした方が気づくことなく「まあ妊娠はもう少し先でもいいか」とゆっくり構えていると、時間切れとなってしまう悲劇がありえます。

以前はホルモン検査の組み合わせや超音波所見から推測されていましたので、他の合併症を考慮したり数値の組み合わせで判断したりと少しコツを要したのですが、ここ7~8年ほどで普及してきたのが血液中のAMH(Anti-Mullerian hormon: 抗ミューラー管ホルモン)を測定する方法です。採血だけで卵巣の中に残っている卵子の数を推測することができるので負担が少ないことと、その結果は不妊症の治療をどうするか決めるのに重要な情報になります。

残念ながら保険適応でないので自費での検査(当院で約8,500円)になりますが、不妊症の検査をするなら一度確認をしましょう。

 

つづきます

広告を非表示にする