読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとうレディースクリニック @千里山

阪急千里山駅 東へ徒歩2分のレディースクリニックです

風疹について

今後妊娠を希望されている女性は、念のために風疹への免疫がついているかどうか調べてみましょう。多くの方は10代の頃に予防接種を受けられていますが、ワクチンを接種しても抗体ができなかったり、できても時間経過とともに徐々に抗体が弱くなっていることがあります。妊娠の初期にお母さんが風疹に罹ると胎内の赤ちゃんにも影響が及ぶことがあり、流産や先天性風疹症候群(難聴、白内障、心疾患など)を引き起こす可能性があります。

ご自身の免疫の有無を調べて、抗体価が低ければワクチン接種をしておくのが非常に有効で唯一の予防方法です。

 

グラフは国立感染症研究所のデータより。2012-13年の風疹大流行は記憶に新しいところです。このときは全国的にワクチンも品不足となり接種の必要な方全員には行き渡りませんでした。患者発生数の少ない今のうちに検査をして必要なら予防接種をお勧めします。

f:id:ito-lc:20170404175949j:plain

広告を非表示にする