いとうレディースクリニック @千里山

阪急千里山駅 東へ徒歩2分のレディースクリニックです

手足口病

今年は例年以上に手足口病が流行しているようです。症状(水泡)の出る部位が病気の名前になっている珍しい疾患ですが、英語でもHand, foot-mouse disease: HFMD と表現されます。

コクサッキーA6、A10、A16やエンテロウイルスEV71など様々なウイルスが原因となり、例年夏に流行して患者さんの90%は5歳以下の子供です。有効な予防接種はありませんが、多くの患者さんは軽症で間もなく軽快してゆくので治療も水分接種と安静で経過観察が主です。まれに髄膜炎脳炎、心筋炎など重篤な合併症を起こすこともありますから、高熱が続いたり頭痛の訴えやけいれんなどがあればすぐ医療機関を受診してください。

二人目、三人目を妊娠中に上のお子さんが手足口病に罹患することもよくみられます。感染予防としてはワクチンがないので手洗いうがいをするしかありません。また便を介して感染してゆきますからオムツの処理をした後は念入りに手洗いしてください。手足口病は水泡がなくなって熱が下がって症状がとれてもウイルスはしばらくの期間は体の中に残って便中・唾液中に排出されます。お子さんが元気になられても油断せずに手洗いを習慣にしてください。もし妊婦さんが手足口病に罹患した場合は胎児への影響は全くないとまでは言えないが、ごくごく稀であるとされていますのであまり心配されずにいいかと思います。何か気になる症状とかあればご相談においで下さい。

参考:

www.mhlw.go.jp

f:id:ito-lc:20170714165812p:plain

手足口病の週間発生数。緑の折線が例年の平均数で今年は紺色の棒グラフ。大分多いですね

広告を非表示にする