いとうレディースクリニック @千里山

阪急千里山駅 東へ徒歩2分のレディースクリニックです

不妊症の3

主だった不妊症検査について ~子宮卵管造影検査~

卵管造影検査はその名の通り「子宮・卵管」に「造影剤」を通してレントゲン撮影して子宮や卵管の性状を確認する検査です。造影剤を注入することにより子宮の形やポリープの有無がわかり、また卵管の狭窄がないか、通過性はあるのか、閉塞しているなら卵管のどの位置で閉塞しているのかを確認することができます。また卵管は通過していても腹腔内に癒着がある場合もあり、卵管の自由な動きが妨げられているようであれば妊娠しにくいということがわかることもあります。

子宮の中にチューブを挿入して造影剤を注入するときに軽度の月経痛様の痛みを訴えられる患者さんもいらっしゃいますので前もって鎮痛剤の投与をして検査を実施します。

卵管の通過性や腹腔内癒着の確認は、不妊治療の方針を決めるのに必須の検査です。通水法や通気法では不十分な面もありますので、造影剤を使用した子宮卵管造影検査をぜひ受けていただきますようお願いします。

保険診療適応の検査になりますので、3割負担であれば約5,000円の自己負担です。

 

つづきます

 

クリニック近くの中華料理店「長城」のランチです。十分なボリュームがあって八角の風味も良くて美味しいうえに日替わりランチが780円とリーズナブルなのでよく行きます。

f:id:ito-lc:20170324152321j:plain

 

広告を非表示にする